pienoise. Kobe,Japan

ふと思ったけど、実はこんな風にピアノを取り払ったほうがいいかもしれない

ほんとはもっとノイジーなエレクトロニカを作りたかったんだ

tottemo noisy

ニトリでライト買いました。これで夜間作業も捗ります!

職場用と自宅用で座布団も買った。

あとWavesプラグインを4月中に買おうか悩み中。

最近、全然曲作りしてなくてごめんなさい。

多忙で時間はなかなか割けていませんが、実は最近ピアノをめっちゃ練習しています。

今年中に大きなことを1つ、2つ仕上げたいのですが、今はその為の準備段階。

次の作品は、もっと良いものを仕上げます。

// 揺さぶらせる圧倒的な何か//

3月から仕事が忙しくなって、めっきり活動が止められていました。

ちょっとずつ新しいポジションに慣れて落ち着きつつあります。

エレクトロニカを作っていて感じたことがあります。

このジャンルに取り組んでいると、画期的で斬新な何かを作ろうか?ということに囚われがちで、

誰が聴いてどう感じるのか?という根本的なことを忘れてしまいがちです。

『儚さと壮大さ、優しいピアノと緻密なグリッチサウンド、という相反する要素を融合したアプローチが特徴』と、HandCraftRecordsさんの方のアーティストページで紹介して下さっていました。

今まで自分の音楽を言葉で表現することはなかなか出来ませんでしたが、これほどまでに的確でそして、自分の音楽のことをここまで理解して下さって紹介して頂いた599さんに感謝するとともに、

改めて聴き手の立場になって曲を作ることこそが作曲なんだと確信させられました。

色んな年代、性別、価値観をもった方が音楽を聴きます。一つの音楽を聴いた感想は、個々様々です。僕の音楽はどこまで届いているのでしょうか?

揺さぶらせる圧倒的な何かがあれば、きっと心にまで届くはずです。

色んな価値観を持った人が、エレクトロニカやノイズをきいて、刺激を受けてほしい。どんな感情でもいいから、突き動していきたい。

自分が何者かと考えた瞬間に、音楽は作れなくなる。そうじゃない。

さて、次はどんな曲を作ろうか。。

// toneblanc.がリリースされました。//

http://handcraftrecords.net/release/hand048.html

こちらよりダウンロード可能です!全8曲のアルバムとなっております。


welcome to methodctrl. website
isao yamaguchi
a.k.a. telbo
birth in 1988/11/22
blood a
requesting for
contacting me